事業内容

HOME >> 事業内容 >> メンテナンスエンジニアリング >> 千代田工商の強み

メンテナンスエンジニアリング

千代田工商だからできる、新しいメンテナンススタイル それがメンテナンスエンジニアリング(ME)

時代が求めた、メンテナンスエンジニアリング(ME)能力

現代のプラントでは、既存設備を永く稼働させるための高度なメンテナンス技術が求められています。

こうした状況下で現在強く求められているのが、お客様の立場でメンテナンスの上流から下流までトータルなかたちで設備管理を遂行できる“メンテナンスエンジニアリング(ME)能力”です。

千代田工商は、人・材料・設備・機器等を最適なかたちで統合するエンジニアリングの手法を早くからメンテナンス事業に取り入れ、業界をリードする独自のMEを展開しています。

メンテナンスエンジニアリングを実現する千代田工商の強み

千代田グループとしての総合力

千代田化工建設を中心とした、千代田グループ各社の機能やノウハウを横断的に活用することができるため、メンテナンスエンジニアリングへの高度な要求にお答えすることが可能です 。

豊富なEPC経験

MEの基本的な手法や手順は EPCと共通する部分が多く、特に、定められた工期内での施工には経験と実績に裏打ちされた優れたマネジメント力が必要です。
千代田工商は、千代田グループの工事部門としての長年にわたるEPCの実績を有しており、ME+EPC の蓄積ノウハウを相乗的に駆使することができます。

日常保全から定修、特殊工事までオールラウンドなノウハウ

日常保全工事、SDM(定期修理工事)とも、求められるメンテナンスノウハウは、産業やプラントにより大きく異なってきます。
千代田工商では、MEのコア・ノウハウを中心に幅広い経験知を集積しているため、多様な条件に対応することが可能です。