事業内容

HOME >> 事業内容 >> プロジェクト・ライフサイクル・エンジニアリング

プロジェクト・ライフサイクル・エンジニアリング

千代田工商のプラント・ライフサイクル・エンジニアリング

EPCとメンテナンスの相乗効果で大きな顧客満足を。

プロジェクト・ライフサイクル・エンジニアリングは千代田化工建設グループが推進する、プラントの計画から廃棄まで、ライフサイクル全体を対象とするエンジニアリングの考え方です。 EPC(設計・調達・建設)とME(メンテナンスエンジニアリング)はその車輪の両輪であり、私たちは双方にわたる高度なノウハウを駆使して、お客様の満足を生み出しています。

EPC

Engineering

綿密な調査に基づき基本設計を行い、その設計思想を詳細設計で100%かたちにします。 MEから得るアドバイスは、課題解決の重点ポイントや改良のアイデアとなって基本・詳細設計に反映されます。

Procurement

詳細設計にもとづき、機器・設備、部品・部材などをスピード調達。 MEチームの製品(メーカー)評価なども参考に、国内・海外のネットワークを利用して最適・格安な機材を取り寄せるほか、社内での製作も可能です。

Construction

「安全」を第一に、基本・詳細設計上の構成要素を整合させ、設計の意図を余すところなく具現化します。 プラントの隅々にいたるまで、MEのデータを参照にきめの細かい工夫を凝らしながら、性能や耐久性の面でもベストを求めます。

ME

基本計画

日常的な保全計画から中期的な計画まで、設備保全上流部分の計画を策定。 豊富な蓄積データをもとにEPCのエンジニアリング手法を応用・展開して年間的・中期的な保全計画をサポートし、お客様の負担を軽減します。

詳細計画

基本計画の要求仕様にもとづき、メンテナンス工事の具体的計画を策定。 限られた予算と期限の中で結果を残すスマートな設計には、EPCの高度なノウハウが活かされています。

工事施工

詳細設計にもとづき、熟練した工事責任者、工事品質管理者、専門技術者が一体となって保全・改善工事を実施。 短工期実現のノウハウや発見工事のスピード対応能力は、千代田グループのEPC手法から受け継いだものです。